About Tile

Solandy Tile Studioでは、スペインのタイル技法にて制作をしております。
「クエルダセカ」と言われる表面がぷっくりと立体感のある仕上がりになる技法を中心に、「水彩画法」「レリーフ画法」「チューブライニング技法」など作品の完成イメージに合わせて様々な技法を取り入れています。

【クエルダセカについて】

素焼きのタイルに、シャーペンで下書きを描く。絵付けしたい文様の縁取り部分をシャーペンで描いています。このシャーペンの線で囲った内側に釉薬をスポイトや筆で流していきます。このシャーペンの線が釉薬を流した時に「土手」の役割をしてくれます。それぞれの色を流したら、約9時間かけて950℃ぐらいまで温度をあげて焼成します。

【水彩画法について】

【レリーフタイルについて】

【チューブライニング技法について】